人気ブログランキング |

「GLCO Harrison」

みなさまお世話になっております。しばらく不安的で荒れ模様の天気が東方面中心に続いていましたが、
ようやく落ち着いてきたでしょうか。岸和田は特に何もなく"寒い"か"ちょっとマシやなー"を行ったり来たりといった感じですが(笑)

みなさんコーヒーメーカーって使ってらっしゃいますか?今はひとくちに"コーヒー"と言ってもいろいろありますよね。
ラテやらエスプレッソやらカプチーノやら・・・。ノーマルのコーヒーメーカーでエスプレッソやカプチーノは淹れることは
できないみたいですが、オールインワン的なメーカーもあるんですよね。ただ、エスプレッソを淹れたうえで、
お湯で薄めて普通のコーヒーぽくしたやつは"アメリカーノ"というそうです。そういえば飲んだことないけど、
スタバに"カフェ・アメリカーノ"ていうメニューがあったようななかったような。
・・・(ググる)・・・ありました!今度注文してみようと思います! 

「GLCO Harrison」_f0208675_17144762.jpg

では、少しスッキリしたところで(笑) GLCO(ジーエルシーオー)の入荷情報いきます~。
セル巻きのメタルラウンドサングラス"Harrison"のご紹介です!

「GLCO Harrison」_f0208675_17161052.jpg

"Harrison"
GLCOから同じく巻きセルフレームのメガネフレームとしてリリースされているボストン型の"Wilson"に対し、
レンズシェイプがほぼラウンドの丸メガネタイプでサングラスとしてラインナップされているのがHarrisonです 。
細いメタルフレームに極薄のプラスチックを丹念に巻きつけた仕様で、高い技術を要するフレームです。
メタルフレームのインテリジェンスな要素とカジュアルで柔らかい印象を与えるラウンドシェイプとの組み合わせは
大きなトレンドとも言えます。また セル巻き以外にも”ツーブリッジ”も魅力のひとつです。2本のブリッジが
全く違うデザインというところがポイント高いですよね。蝶番メタルパーツひとつをとっても
アンティークゴールドとシルバーのコンビネーションというディテールのこだわりも見逃せません。
小さいラウンドはイギリスの最もクラシックなデザインのひとつで、もともと視力の出ない人に配られていた
健康保険フレームだそうです。それがデザインソースであり、GLCOが現代的にアレンジ、
ディテールの再構築をしたものがこのHarrisonというわけですねー。

「GLCO Harrison」_f0208675_17305214.jpg

brand / GLCO
model / Harrison
color / Tokyo Tortoise/Amber Honey
lens / Pure Green


異なるデザインのツーブリッジが個性的な「セル巻」サングラス。
ややはっきりしたべっ甲柄に濃すぎず薄すぎずのグリーン系レンズの組合せもGOODです。


















by glashbeam | 2014-02-20 17:39 | サングラス
<< 「GLCO HARDING」 「GLCO HAMPTON ... >>