人気ブログランキング |

めがねのがっこう ⑤

色々な場所で耳にする紫外線。

化粧品や、サングラス、窓ガラスなど紫外線から身を守る「UVカット」製品がたくさん出ています。

今日はそんな紫外線と目のお話しです。

まず、紫外線とは・・・058.gif

紫外線は人間の目に見えない光です。

光の波長の長さにより、短い方から順に「UV-C」「UV-B」「UV-A」と3種類あります。

「UV-C」
オゾン層で吸収され、ほとんど地上には届きません。

「UV-B」
肌を赤くする紫外線で、目の表面にある角膜に吸収され、角膜の炎症を起こす原因になると言われています。

「UV-A」
肌を黒くする紫外線で、目の奥にある水晶体まで届きます。長い年月の間、紫外線が水晶体に吸収されつづけると、水晶体は酸化されて蛋白質を形成し、次第に白く濁ってしまいます。
これが、白内障になるというわけです。

また、目に入った紫外線は皮膚にも影響を与えます002.gif

目に紫外線が入ると、皮膚が紫外線にさらされていなくても目は敏感に紫外線を察知し、全身に信号が送られます。

すると体内で、紫外線に対抗するためのメラニン色素が生成され、直接肌に紫外線が当たったのと同じ状態になってしまうというのです。

となると、紫外線から目を守ることが大事になってきます。

真っ先に思い浮かぶのはサングラスだと思いますが…


004.gifサングラス選びの注意点

真っ黒な色の濃いサングラスよりも、薄く目が透けたぐらいのサングラスのほうがオススメです034.gif

色が濃ければ濃いほど眩しさは抑えられますが、色の濃いサングラスをかけると、瞳孔が開きやすくなり、かえって多くの紫外線を取り込むことになってしまいます。

そして、必ずUVカット加工が施されたものを選んでください。

また、できるだけフレームやレンズが大きく、目の横側まで覆うようなタイプが良いと思います。

UVカットと眩しさを抑えることは別ものになってきますので、注意してくださいね!


明日、あさってはオーナーが商品買い付けの為、出張です!

明日は定休日になっておりますが、あさっては通常通り営業させていただいております。

では、今日はこの辺で001.gif

                                                                 シノ
by glashbeam | 2009-10-26 19:41 | GBライフ | Comments(0)
<< レンズ紹介 GBKID’S パートⅡ >>