人気ブログランキング |

めがねのがっこう ②

今日は前回の続きになります。「めがねのがっこう②」第2弾です。

メガネの種類は、レンズの形によってもいろいろな呼び名があります。

今日は、その代表的なものをご紹介いたします。


めがねのがっこう ②_f0208675_17374528.jpg
オーバル


レンズの形がポピュラーな楕円形になったもの。

クセがないので、顔になじみやすく、自然な印象になります。






めがねのがっこう ②_f0208675_17415262.jpg
スクエア


レンズの形が四角いタイプでシャープな印象に。

縁が太く濃い色合いのものが最近は人気です。





めがねのがっこう ②_f0208675_17431698.jpg
ウェリントン


玉型が正方形に近い逆台形。

日本では30年頃に大流行。

現在はリバイバルブームで再び注目が集まってます。


めがねのがっこう ②_f0208675_17461766.jpg
ロイド(ラウンド)


真円かそれに近いデザインのフレーム。

名称はアメリカの喜劇俳優のハロルド・ロイドが
               好んで装着していたことから。




めがねのがっこう ②_f0208675_1751110.jpg
フォックス


キツネを思わせるツリ目型タイプ。

キリッとした雰囲気をかもしだしてくれます。




めがねのがっこう ②_f0208675_17524485.jpg
ティアドロップ


茄子型ともいいます。

もともとは米空軍のパイロットが酸素マスクを装着するときに、
                邪魔にならないように設計されたものです。

レイバンなどが有名です。



めがねのがっこう ②_f0208675_1756017.jpg
バタフライ


チョウチョウが羽を広げたような形からこの名前がつきました。

レトロなデザインで個性的な印象になります。





前回のフレームの種類と合わせると、本当に色々なタイプがあります。

もっと分類していくとまだまだありますが・・・



でわでわ今日はこの辺で!!


                                                                 シノ
by glashbeam | 2009-10-03 18:07 | アイウェア
<< 行楽メガネ よく降りますね >>